審査開始?

水曜日で今年度最後のゼミも終わりました.今年度一杯で出て行く私からすると,参加する最後のゼミということです.学部4年から6年間もいたゼミを出て行く訳なのですが,どうもあまり実感はありませんでした.学位関係の審査だとか,学会とか色々と残っているせいなのでしょう.
博士論文の方は,製本済みの論文と各種書類を提出出来る段階に達しました.漸く本審査が始まるのかなという感じです.早稲田の文学研究科の場合,仮綴の論文を指導教授に提出すると,まず副査が最低2人(うち最低1人は学外)が決まります.それと同時に専攻内での会議にかかり,審査開始出来るかが検討されます.そこでOKが出ると副差に正式に依頼が行き,査読が行われます.で,必要な修正が済むとまたまた会議にかかり,そこで正式に提出していいかが検討されます.で,OKが出て提出すると教室会議だったかにまたかかり,それでOKが出ると漸く受理されて,本審査が開始されるようです.もう,さっぱり意味わかりません(苦笑).毎回毎回何の会議をしてるんでしょうね~.

このブログで関連すると思われる他の投稿

この投稿にタグはありません。

2 Responses to “審査開始?”


  1. asarin

    毎回毎回何の会議をしているのか,それは4月以降早晩分かるでしょう(笑

  2. べ~た

    あ,赴任先はDr.ないんで大丈夫です.嬉しいのやら嬉しくないのやら(^^;