演習昼,第2回

漸くゼミ本格始動といきたかったのですが,色々とやって来いと言っていたことの殆どが出来ていなかったので,いきなりお説教からスタートになってしまいました.まあ私の場合,前にも書きましたけど黙っていると学生と区別がつきませんので,一度しっかり線引きをしておかないとなめられてダメでしょうから,いい機会だったのかも知れません.

本当はRのゼミでもやりたかったのですが,そもそも統計を勉強したことのない人がかなりの割合で混じっていましたので,仕方なく基礎統計の本を取り上げて,学生に読ませて説明させるという流れにしています.

取り敢えず「文科系大学生のための新統計学」を取り上げてみたのですが,これはちょっと失敗だったかも知れません嶺残念ながら,言葉足らずな部分が多い反面,丁寧なところは妙に丁寧で,それでいてこれを読んでも使えるようにはならないかなぁというところで,キチっとした入門書とHow to本の間を埋めようとしてどちらにもなれなかったという印象を受けました.また,文科系大学生のためのと銘打っていますが,内容は明らかに心理・社会学周辺ピンポイントです.そういう点も含めてちょっとなぁと思います.まあ,心理統計学とか言ってしまうと,南風原先生のあたりと被ってしまうってのもあったのかも知れないんですけどね.何はともあれ,やさしい入門書を書くのって難しいんだなと思います.
 
ということで,これは序盤の章だけ取り上げて,早い段階で次の本に移行しようかなと考えています.

この投稿にタグはありません。
  1. No Comments