防犯講演会2.実情・実践編

続いて実情であったり,防犯の実践であったりです.ここはかなりの割合で女性向けでした.

  • 犯罪自体は基本的に横ばいから減少傾向だが,性犯罪のみここ10年で倍増,まだ増加の様子.
  • 福岡県は人口当たりの性犯罪ではトップクラス.強姦が全国ワースト,強制わいせつがワースト3(?).
  • 22歳以下の被害が全体の7割.
  • 特に危険なのは路上,駐車場,中高層住宅.どれも帰宅途中が殆ど.
  • 路上,駐車場は,コンビニやレンタルビデオ店などに一人で入ったあと,出て行ったところをつけて人のいないところでというパターン.
  • 中高層住宅は,部屋のところとエレベータが特に危険.どちらも,入るところを後ろからつけて.なので,エレベータや部屋に入るときは後ろにも注意.
  • エレベータで知らない人と一緒のときは,乗るのを避けるか非常ベルの近くに立つ.
  • 犯人像としては,帽子,マスク,サングラスなどで顔を隠したジャージ姿が典型的.
  • 侵入型の犯行に対しては,ドア,窓を2ロックにする,一人暮らしとわからないように表札等工夫するなどの対策.侵入に5分以上かかる場合,犯人は諦めることが多い.

護身術7ヶ条

  1. 危険には近寄らない.
  2. 実践的な対策を.
  3. 毅然とし,機先を制す.
  4. 間合い,体裁き,すばやさが重要.
  5. 格闘しようと考えない.あくまでも逃げる時間を稼ぐ.
  6. 強い心で.
  7. 身近な護身道具を活用する.
  • 知らない人に対しては,間合いは1.5~2m程度取ること.この程度離れるとつかまれにくい.また,いつでも逃げられるように利き足に体重をかけておく.
  • 片腕をつかまれた場合,振りほどくよりも腕を回して外すほうが簡単.この場合,内側に回しても外側に回してもいい.また,掴んだ相手の腕に向かって肘打ち(のような動きを)するのも有効.
  • 両手をつかまれた場合,両手を組み合わせてから回す,あるいはそのまま突き出す.
  • もっと接近された場合には,つま先を踵で踏むのが有効.
  • バッグがあるなら顔に向かって叩き付ける.これは,当たらなくても避けるために手を離すので有効.
  • 傘がある場合,その傘を開くのも有効.こうすることで近寄りづらくなる.

これらの方法で時間を稼いだ上で,大声を出すなり防犯ブザーを鳴らすなりして逃げるのが基本.

この投稿にタグはありません。
  1. No Comments