2011年7月の読書メーター

7月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:942ページ
ナイス数:5ナイス

服従の心理服従の心理
心理学を少しでも囓ったことのある人なら一度は聞いたことがあるであろう,ミルグラムの服従実験,通称アイヒマン実験をまとめた名著の2008年新訳版.その場における権威となるべき人物に命じられたなら,人は簡単に自らの思想信条を捨て,忠実なエージェントと化してしまうという結果そのものについては語り尽くされた感があるが,それだけが本書ではない.その結論に至るまでにミルグラムが積み上げた様々な条件による詳細な実験こそ本書の,著者の真骨頂ではないだろうか.新訳版訳者による本実験に対する批判も,短いながら興味深く必読.
読了日:07月28日 著者:スタンレー ミルグラム
そうだったのか! 現代史 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)そうだったのか! 現代史 (そうだったのか! シリーズ) (集英社文庫)
冷戦から湾岸戦争,ユーゴ紛争に至るまで,戦後史の入門ド真ん中という感じの一冊.著者が著者なだけに,子どもから大人まで誰でも気軽に読み進められる読みやすさ,わかりやすさが魅力か.これから現代史を学びたいという人は,この本をスタートに個々の話題を深めていけば良いだろうし,ある程度色々な本を読んでいる人にも,知識の穴埋めだったり,思想面での口直しというか,リセットというか,そういう使い方が出来るだろうという意味で,正しく入門書であり良書.
読了日:07月26日 著者:池上 彰
NFLの(非)常識―なぜフィールド上で円陣ハドルを組んだのかNFLの(非)常識―なぜフィールド上で円陣ハドルを組んだのか
長年NFLの魅力を紹介し続けた後藤完夫さんによるフットボール愛に溢れた1冊.雑誌のショートコラムをまとめたような体裁で,NFLに関する豆知識が綴られている.実際に使われたプレイコールの紹介などは中々知る機会もないもので興味深い.それ以上に凄いのが巻頭と帯の推薦文で,それぞれロジャー・グッデル(NFLコミッショナー)と鳩山由紀夫.特に鳩山さんなど,総理在任中か退任直後くらいだろう.流石ゴトサダさんといったところか.発行元がTouchdownということで,誤植やらレイアウトがおかしいやらは最早お約束.
読了日:07月09日 著者:後藤 完夫

読書メーター

この投稿にタグはありません。
  1. No Comments