2012年4月の読書メーター

4月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2199ページ
ナイス数:13ナイス

ル・パスタン (文春文庫)ル・パスタン (文春文庫)
池波エッセイ愛読者としては,今更コメントすることもあまりないが,個々のエッセイに,本人直筆のフルカラーイラストが入っているのが贅沢.内容的にもまとまりがある良書.
読了日:04月25日 著者:池波 正太郎
死の接吻 (ハヤカワ・ミステリ文庫 20-1)死の接吻 (ハヤカワ・ミステリ文庫 20-1)
財産目当てで富豪の娘に近づくが,その娘は妊娠してしまう.これでは勘当されて財産は手に入らないし,身の破滅を招きかねない.そこで,娘の偽装自殺を画策するが…….よくも悪くも古典だなという印象.人物描写は明瞭だし,第二部までの展開も期待の持てるものだった.しかし,今となっては新鮮味のある題材でもなく,真相にたどり着く第三部の,真相へのたどり着き方がかなり残念.題材に関してフォロワーを多く産んだのは評価するが,今となってはそれ以上のものでもないだろう.日本人なら「青春の蹉跌」あたり読んでれば充分じゃないかな.
読了日:04月23日 著者:アイラ・レヴィン
散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)散歩のとき何か食べたくなって (新潮文庫)
池波正太郎の食エッセイも随分と沢山読んできたので,今更新しい感想というのもあまりない.この本も,相変わらずの池波節といった感じだ.読んでると,蕎麦を食べつつ一杯とやりたくなってしまうのも相変わらず.
読了日:04月16日 著者:池波 正太郎
幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))幻の女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 9-1))
「夜は若く,彼も若かったが,夜の空気は甘いのに,彼の気分は苦かった」という有名な一文で始まるサスペンスの古典的名作.妻殺しの容疑をかけられ,死刑の判決が下された主人公.その死刑執行までのカウントダウンの中で,彼とその日一緒にいた,アリバイを証明してくれる女性の姿を探すが,その女性の姿を見たものは誰もいない.いったい何故なのか…….手がかりを掴んだかと思ったら逃げていく,迫り来る死刑執行の日,そのスリリングな展開は名作の名に恥じない.若干拍子抜けの部分もあったが,評判通りでやはり面白かった.
読了日:04月15日 著者:ウイリアム・アイリッシュ
絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)絶海にあらず 下 (2) (中公文庫 き 17-9)
最後は小野好古との一大決戦.……と想像しながら読んでいたら,最後の最後に来て予想外.しかし,実に爽やかにまとめたなという印象.史実の中へのフィクションの混ぜ具合,そのさじ加減は見事.北方謙三の歴史小説の中では,海洋ものは作者の思い入れが深いのか,ハッピーエンドになるパターンが多い気がする.ただ,上巻から振り返ってみると,最初の頃を書いているうちは,実際小野好古と決戦させるつもりだったんじゃないかなという気も.
読了日:04月12日 著者:北方 謙三
絶海にあらず〈上〉 (中公文庫)絶海にあらず〈上〉 (中公文庫)
藤原純友は,いかにも北方謙三が好みそうな題材だ.北方謙三なら,平将門より藤原純友だろう.そして,北方謙三が藤原純友を取り上げるとしたら,きっとこんな感じの人物で,こんな感じの物語になるんだろうなという先入観を持って読み始めてみたら,びっくりするくらいにその先入観通りの描写だった.と言っても,それが悪いわけではなく,寧ろその逆.北方謙三が得意とする題材を,北方謙三らしく料理しているわけで,ファンからすればつまらない訳がない.そういう極めて正しい北方流海洋歴史ハードボイルド小説.
読了日:04月11日 著者:北方 謙三

2012年4月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

この投稿にタグはありません。
  1. No Comments