Archive for 9月, 2007

強行軍

18日~20日で学会,うち発表は18日,20日は学位授与式のため昼間は早稲田,15時過ぎから学会会場の東洋大と,今週は中々の強行軍となりました.
発表の方は,内容自体がかなり時間一杯使ってしまいそうで,ジョークなど入れる余裕がなく多少不本意ではありましたが,早稲田の研究室での最後のお勤め,何とか果たせたかなと思っています.
学位授与式については,そもそも学生としての扱いは(見た目はともかくとして)3月一杯でもう受けていませんでしたが,それでも学位授与が残っている間は,何となく学生としてやることがまだ残っている気分がありました.しかし,これでもう完全に学生という立場はなくなり,研究・教育する立場になったのだなと実感しました.
また,これを期に,名刺に学位が入り,メールのシグネチャにもやはり学位が加わりました.そんなことで,気分って大きく違うものですね.

この投稿にタグはありません。

弾薬切れ

学会で日本中を転々としていたというのは以前に書いた通りなのですが,昨日になって出張等を担当している事務から連絡が入りました.曰く,今回の出張旅費を全部清算すると,研究費の残額が4万円くらいになってしまうけどどうしますか?とのこと.
どうせいずれは足が出るとわかっていたので,それでいいですと最初は言ったのですが,思わぬ罠が待っていました.どうもウチの大学の規定なのか,全部私費での出張というのは認められず,最低交通費は出張旅費が出る形にしなければならないようす.ということで,もし私費で出張するならそれは休み扱いとなってしまい,年休を使って行くことになってしまいます.あと半年,どんなイレギュラーな出張が入るかわかりませんので,仕方なく郡山や奈良での宿泊費はほぼすべて自腹という形にしました.
とは言え,それでも研究費の残額は13万程度.このあともう一度日心で出張がありますので,本当にギリギリです.やっぱり,東京に用があるとすべて出張にしなければならないというのは大変だなと思います.科研か,最低でも学内の研究助成は取らないとなぁ.

この投稿にタグはありません。

海転からと市場寿司

オープンキャンパスの打ち上げで行ったので,もう1月半くらい前になってしまうのですが,この半年くらいで食べた鮨の中で一番美味だったので取り上げます.
そのお店と言うのは関門大橋のすぐ傍,下関の唐戸市場2階にある海転からと市場寿司です.名前からもわかるように回転寿司だったりするのですが,そんなことは全く気にならなかったです.下関らしくふぐの鮨なんてものも食べられますし,魚だけでなく,肉系の変り種も食べられたりします.全体的には一般的な回転寿司よりやや高めですので,質の高さも考えると,回転寿司を食べるつもりというよりは,普通に美味しい鮨が食べたいと思って行くお店かなと思います.

この投稿にタグはありません。

魚荒(一文字.「あら」と読みます)

12日に高校時代の友人が小倉に訪ねてくるということだったので,それでは旨い魚料理を食わせてやらねばということで,知り合いに紹介してもらったのがこの店でした.
紺屋町の東急インの裏あたり,丸源ビル27の向かいというか,26の並びというか少々微妙なところで,周りはキャバクラっぽい建物とかが多かったりもするエリアなのですが,味の方は本物でした.刺身が旨いのは勿論のこと,肝を使った汁物,焼き魚,塩辛など,どれをとっても絶品です.一人頭6000円とそこそこの値段はしてしまいましたが,別に高いとは感じませんでした.
酒と魚が好きな友達が遊びに来たら是非連れて行ってやりたい,そんなお店というのが私の印象です.

この投稿にタグはありません。

大学の質

ここ暫く学会で色々と転々とし,また,一昨日は今度の学会発表の都合で九大の図書館に論文や本を探しに行っていました.そんなこんなしていると,大学院生の頃は気付かなかったごくごく基本的な,それでいてそれを持っている大学はとても少ない大事な2つのことに気付かされます.
1つは図書,もう一つは研究の相談が出来る相手です.かつていた早稲田もそうですし,東大だったり東工大だったり阪大だったり,あるいは入試センターだったりといったところで研究している先生,学生にとってみれば,そんなことって別に当たり前という感じなんでしょうが,論文一本探すのに片道1時間半,研究の相談はメールでするしかないというような環境になってみると,その2つが揃っている環境というのがいかに恵まれているかがよくわかります.
まあ,私の立場としては,自分のいる場所をその2つが揃っている場所に変えるべく努力すべき.ってことなんでしょうね.

この投稿にタグはありません。