Archive for 2月, 2012

2012年1月の読書メーター

1月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:2239ページ
ナイス数:16ナイス

武王の門〈下〉 (新潮文庫)武王の門〈下〉 (新潮文庫)
下巻の興味は今川了俊をいかに描くかに集中していた訳だが,その点ではかなり拍子抜け.少弐頼尚も,下巻で出てきてびっくりしたけど,引っ張った割に…という感じ.どちらも,飽くまでも引き立て役という扱いだった.このあたりは,後の作品における敵役の格好良さと比べると少々残念.史実にある程度忠実に物語を構成した結果,上巻最後の筑後川の戦いがクライマックスになってしまい,下巻に盛り上げ所がなかったのが原因なのだろう.そんな中で際立っていたのは城武顕か.「敵の本陣の前で死ね」のくだりの格好良さは流石北方謙三と唸らされる.
読了日:01月30日 著者:北方 謙三
武王の門〈上〉 (新潮文庫)武王の門〈上〉 (新潮文庫)
南北朝時代の九州を舞台にした歴史小説.舞台を九州のみに絞り込み,かつその全土を縦横に駆け巡るという形式は中々珍しいのかも知れない.北方流ハードボイルド歴史小説,と思って読むと,意外とオーソドックスな歴史小説の形態で若干面食らった.最強武将と少数の精鋭軍団,独自交易ルートに秘密部隊といった北方歴史小説のお約束は確かに既にあるが,主人公格の懐良親王と菊池武光に描写はかなり集中し,最強の敵役も今のところ登場している様子がない.歴史物としては最初の作品なので,この後ハードボイルドとの融合が図られたのだろうか.
読了日:01月28日 著者:北方 謙三
果しなき流れの果に (ハルキ文庫)果しなき流れの果に (ハルキ文庫)
和製SFの極北とも言われる一冊.確かに,この430ページに詰め込まれた物語のスケールの壮大さには圧倒される.テーマそのものは時間とは,宇宙とは何か,また,過去の修正は許されるのかといった普遍的なものであるが,単なる普遍性の枠に収まらず,「果」を強烈に描き出した点が印象的.3章以降の所謂本編では,丁寧に読まないと所属陣営,いる時間空間上の位置など登場人物の立ち位置がわからなくなってしまうが,その読んでいて不安定な感じこそが,今自分がいる時間空間上の位置の,この物語における不安定さをより強く感じさせて面白い.
読了日:01月27日 著者:小松 左京
夢遊病者の姪 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 3‐2))夢遊病者の姪 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 3‐2))
ガードナーの人気シリーズ,弁護士ペリイ・メイスン初期の人気作.話としては比較的淡々と進むが,法廷シーンのスリルは流石.序盤の何が何やらわからない展開の中に散りばめられた伏線の回収も見事で,飽きずに一気に読める一冊.フーダニットという点では,可能性を絞り込むのはそこまで難しくないか.
読了日:01月26日 著者:E・S・ガードナー
統計学を拓いた異才たち(日経ビジネス人文庫)統計学を拓いた異才たち(日経ビジネス人文庫)
紅茶にミルクを注ぐのとミルクに紅茶を注ぐのとでは味が違う.それを見分けることが出来ると言った婦人に対して,天才R.A.フィッシャーはある実験を提案する….この有名なエピソードに始まって,20世紀の主要統計学者の人物評伝を軸に統計学史がわかりやすくまとめられている.これは楽しい一冊だ.恐らく,統計学の基礎を学習する際の副読本として,あるいは学習後に読み返して思い出すのが面白い読み方で,学習前に読むのは少々難しいかなという気がする.基本的には良書だが,訳の日本語の繋がりが若干変な部分が目につくのが少々残念.
読了日:01月18日 著者:デイヴィッド・サルツブルグ

2012年1月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

この投稿にタグはありません。